SUGIの米国株投資記録と育児日記

投資初心者の投資記録と育児記録

投資初心者必見!米国株投資の用語解説

f:id:dora_sugi3:20190609151227j:image

米国株を購入したい!だけど買い方やルールがわからないよ!誰か教えてよ。という人いませんか!?私は全く分からずいざ買うまでに相当苦労しました。特に専門用語や基礎知識を知らない事がネックでした。

初心者さん向けに私なりの解釈で説明していきたいと思います。これから米国株を購入しようという方の参考になればと思います。 

知っておくべき事前知識

1111ドル以上の理由

1回の買い付けで1111ドル以上を買うという話があちこちに書かれていますが、何故1111ドル以上なのでしょうか?簡単な計算で求めることが出来ますので下記をご確認ください。

楽天証券やSBI証券では、手数料は1回の取引:約定金額の0.45%(税込0.486%)。最低手数料5$(税込5.4$)がかかります。

例えば1000$である銘柄の株を約定したとします。手数料は0.486%なので計算すると、1000×0.00486=4.86$となります。しかし最低手数料は5.4$の為、実際には1005.4$支払う事になります。そうすると5.4-4.86=0.54$分余計な出費をした事になり、手数料分損をしたとなるのです。では損しない為には1回の取引金額をいくらにすればいいかと言うと5.4÷0.00486=1111.111…となります。

1回の取引で1111$以上

購入する事で、手数料を損する事なく、米国株を購入することが出来ます。数十円、数百円かもしれませんが、これは削減できるコストです。積もり積もれば大きな金額となります。資産を最大化するのであれば、意識する必要があると思います。

円高・円安について

ニュースとかで円安に振れましたみたいな話聞いた事はあると思いますが、あれ?どうなったら円安なんだっけ?ってなりませんか?お恥ずかしながら私は未だにそうなります。では分かりやすく計算してみましょう。

現在1$110円とした時に、2週間後に1$111円or1$109円になったとします。どちらが円安でどちらが円高でしょうか?どっちが円安なのかなんて全然わかりませーん。っていう方もいるかもしれませんので補足情報として。

例えば20万円分をドルに両替するとします。1$111円の時:200000÷111=1801.80$。1$109円の時:200000÷109=1834.86$となります。1$109円の時の方が両替した時に受け取れるドルが多いですよね。ということは、1$109円の時の方が、円の価値が高いという事になります。

円の価値が高いから多くドルを購入できた

ということです。よって基準の値段を1$110円とした時に、1$111円:円安。1$109円:円高となります。円高の時に円をドルに換えることで多くのドルを手にすることが出来ます。

円貨決済、外貨決済について

米国株の購入方法は2パターンあります。円貨決済と外貨決済です。文字の通り、円で決済するか外貨で決済するかという事です。ドルに両替する手間がないというのが円貨決済のメリットでしょう。実際に例をあげて計算してみます。

例)1株100$の銘柄を20株購入した場合

外貨決済:事前に1$100円で円をドルに両替していたとします。買付手数料は0.486%なので、(100×20)+(100×20×0.00486)=2009.72$が受渡金額となります。円に換算すると2009.72×100=200972円

円貨決済:国内約定日10時のレートが1$101円だったとします。円貨決済の取引ルールによると国内約定日10時レートでの計算となります。2009.72×101=202981.72円

金額比較すると外貨決済の方が約2000円受渡額が少ない計算になります。なのでこの場合は外貨決済の方がお得だと言えます。ただ、この計算でいくと国内約定日10時のレートが1$99.5円になっていたとしたら2009.72×99.5=199967.14円となり円貨決済の方がお得だとなります。

※円貨決済、外貨決済に関する計算は楽天証券の場合です。他証券会社では結果が異なる可能性ありますのでご注意下さい。

指値、成行

これも何となく聞いたことあるし、漢字の意味でなんとなくわかるって人もいるんじゃないでしょうか?実例で解説します。

指値・・・その名の通り金額を指定して購入する方法です。例えば、1株135$の銘柄があったとします。割高だなーと感じて134$で指値注文を入れたとするとこの銘柄が134$以下にならない限り注文は成立しません。

成行・・・取引時間中に市場に出ている一番低い金額で注文が成立します。例えば1株135$の銘柄があったとします。その時に、一番低い売り注文が135.2$だったとした場合、135.2$で注文が成立します。

米国株リアルタイム株価(リアルタイムチャート)

楽天証券では、リアルタイムチャートを条件を満たせば無料で使用することが出来ます。条件:1ヶ月の間に1回以上、米国株・ETFを約定する。買い注文を指値で出したいとき等に何かと便利ですので無料で使用することが出来るなら是非使用してみてください。

楽天証券で口座開設されてない方はYahoo!ファイナンス海外版を見る事でもリアルタイムチャートは確認出来ます。

最後に

以上が米国株投資入門にあたり知っておくべき情報となります。ところどころ初心者の方がわかりにくいだろうという項目について私なりの解釈を付け加えましたが、わかりやすくできているでしょうか?(基本的には私が知らなかったこと、わかりにくかったことを補足説明しました)これから投資を始める方の参考になればと思います。