SUGIの米国株投資記録と育児日記

投資初心者の投資記録と育児記録

ADR国外税率って0%じゃないの問題(2019.6.19追記)

2019/6 累積配当グラフ

今月も着々と各企業様からのおこぼれを頂戴しております。ULとVISA、あとは先月分ですがBTIからも頂いておりましたので、まとめておきます。税引き後累計で32.43$となりました。日本円で約3,500円。現状中学生の小遣い程度しかありませんが、今月はMCD,JNJ,MMM,RDSB,SPYDからも入ってくる予定ですので楽しみです。高校生の小遣いくらいにはなるんじゃないでしょうか。

配当実績

f:id:dora_sugi3:20190611211155j:image

f:id:dora_sugi3:20190611210616j:image
f:id:dora_sugi3:20190611210620j:image

BTI:20株保有→13.19$(税引き前)→10.45$(税引き後)

V:7株保有→1.75$(税引き前)→1.27$(税引き後)

UL:18株保有→8.35$(税引き前)→6.59$(税引き後)

となりました。

イギリスADRって国外税率かかるの?

ここでちょっと気になることがあります。BTIとULはADR銘柄でイギリス企業なので国外税率は0%のはずなのに、ULの「国外税率」が1%になっていますし、「国外源泉徴収税額」の欄を見るとわずかな額ですが引かれています。これは何でしょうか?楽天証券のHPを片っ端から探してみてましたが、どこにも記載がなかったのでメールにて問い合わせてみました。

問い合わせ結果

《私の質問》

本日ユニリーバからの配当金入金がありましたが、配当案内書を確認すると、「国外税率」が1%,「国外源泉徴収税額」0.09$となってました。
ULはADR銘柄でイギリス企業の為、国外税率は0%のはずなのですが、何が引かれているのでしょうか?HP内検索してみましたが、どこにも記載ありませんでしたので、ご教示願います。
以上、よろしくお願い致します。

《楽天証券回答》

確認しましたところ、ユニリーバ(UL)の現地源泉税としては0%ですが、配当支払費用が1株あたり$0.005徴収されています。

「外国証券に関するご案内」では、当該費用の計上欄がないため、現地源泉税として計上しています。

このため税率を1.07735%で配当の処理をしておりますが、上記書面の国外税率欄は小数点以下切捨て、左下にある申告用国外税率は少数点第3位を切り捨て少数点第2位で表記する仕様となっております。

なるほど。引かれていた金額は配当支払費用だったんですね。しかしここで新たな疑問が発生しました。

「$0.005徴収されています」と文面中に記載ありますが、誰に徴収されているんでしょうか。この件については再度質問させていただきましたので、回答が届き次第、追記致します。

2019.6.19追記

《私の質問》

配当支払い費用として徴収された旨は理解しましたが、この徴収された費用はどこに徴収されたものなのでしょうか?
配当支払い企業ですか?それともどこか違う機関でしょうか?
ご教示いただけると幸いです。

《楽天証券回答》

ADRとは、企業・外国政府あるいは米国企業の外国法人子会社などが発行する有価証券の一単位、複数単位、あるいはその一部に対する所有権を示す米ドル建ての有価証券で、預託機関である米国の銀行または信託銀行によって発行され、通常の米国株式と同様に売買がおこなわれます。

配当支払費用につきましては、預託証券の発行体である銀行等での費用となります。

ちょっと分かりづらいですが要約すると、

  1. ADRを発行するのは米国銀行or信託銀行である
  2. 配当支払費用はADRを発行した米国銀行or信託銀行に徴収される

という事みたいです。

まとめ

「ADR銘柄は配当支払費用がかかる」事を覚えておきましょう。またBTIとULとでは引かれている金額が違いますので銘柄ごとに費用が違うという事も分かります。費用として引かれているものの、米国株と比較すると引かれる金額はかなり少ないのでおトクな気持ちを味わえます。

今回の件を自分で問い合わせをしてみて、知らなかった事を知れて勉強になりました。今後も調べてみて分からない事は度を超えない程度に質問していこうと思います。

「分からない事を分からないと言える人間」になる事こそ人生を楽しく豊かに過ごす秘訣かもしれません。わかったふりをしても何もいい事ないですからね。